『国民の“命の源”を売り飛ばすのか』 水道民営化法案の危うさ