やつらが本音を言い始めた!

「#緊急事態条項 は最優先で!」

基本的人権も立憲主義も三権分立も、すべて「緊急事態宣言」の発令中は停止されます:内田樹氏

| 晴耕雨読

 2016年7月内田樹氏が「女性自身」に送稿されたものです。

以下、一部を転載させていただきます。全文は上記をクリックしてご覧下さい。

 総理大臣が「特に必要があると認める」ならば、どんなことでも「緊急事態」に認定でき、それが宣言されると憲法が停止されるということです。

 政府が発令する政令が法律に代わる。

 基本的人権立憲主義三権分立も、すべて「緊急事態宣言」の発令中は停止されます。

 そして、草案をよく読めば分かるとおり、この宣言は100日ごとに国会で継続決議を繰り返せば無限に延長できます。

 緊急事態宣言を承認した国会議員たちは、解除の宣言を総理大臣がするまで「終身国会議員」の身分を保証されます。

 つまり、ひとたび緊急事態条項を通してしまえば、国会の過半数を制した政党は永遠の独裁体制を維持できる。

 これを変更するためには革命しかないという窮地に国民は追い込まれるのです。